今年の発表が噂されている iPhone X Plus は6.2インチのOLED搭載で9月発売スタートの可能性!

毎年その初日に開催される基調講演にて新製品が発表されることからも大きな注目を集めている「Apple(アップル)」社によるテック業界の一大イベント「ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス(WWDC)」。その2018年版の開催日程が先日アナウンスされ、世界中のテック/ガジェット好きたちが楽しみに待つ「WWDC 2018」だが、今回はその場で発表されることが濃厚とされている最新スマートフォン端末3モデルのうちのひとつ、通称iPhone X Plus(仮)にまつわる最新の噂をご紹介しよう。

今回登場した噂によると、iPhone Xの上位モデルとされるiPhone X Plus(仮)は予てより噂されていた6.5インチのLEDディスプレイではなく、6.2インチの有機ELディスプレイが搭載されるとのこと。(ちなみに6.2インチであっても歴代iPhoneの中では最大サイズのディスプレイとなる)その他の詳細はスペック等はもちろんまだ不明なままだが、今回登場した噂には新色のカラーオプションが追加されるという点も含まれており、2018年6月の「WWDC 2018」にて発表され同年9月ごろに発売を迎える模様。

現段階ではあくまで噂であるが、引き続きさらなる新情報の登場、及び「WWDC 2018」の開催を楽しみに待とう。

 

 

 

 

Pic via HYPEBEAST

Source HYPEBEAST

  • 3月 21, 2018

ニュースレター購読