充電時にデータを自動バックアップ。iPhone用デバイス「Qubii」

「Qubii」は、クラウドストレージサービスに頼らないデータの自動保存ツールとして、今大いに注目されている。

Qubiiは、電源アダプターと充電ケーブルの間に挟むデバイス。アダプターに設置するだけで、複雑な使用方法ではない。

QubiiにMicro SDカードを挿入しておくと、これにより充電毎にiPhoneのデータが自動でバックアップされるという仕組みで、いざという時のスマホ破損に備えられる。

画像などのデータは、Qubiiの専用アプリにも保存され、iPhoneの買い替え時も、即座にデータを移行できるのが特徴。

また、このQubiiは持ち主があらかじめ認証していない端末のデータは保存しない。こうしたセキュリティー面での問題もクリアしているようだ。

じつはこの製品、アメリカの「Kickstarter」と日本の「Makuake」で同時に出展されていて、ここではKickstarterの出資枠を見てみる。

現在、Qubiiは29ドル(約3200円)からの出資枠を設けている。配送は8月から。

出資はここから(14日締め切り)

Pics via kickstarter Source via kickstarter
  • 7月 7, 2018

ニュースレター購読