2Pac は生きいる?マレーシアに住んでいる?

28年の禁固刑を受けることが確定的となった「Death Row Records(デス・ロウ・レコード)」の創設者Suge Knight(シュグ・ナイト)の息子であるSuge J Knight(シュグ・J・ナイト)が、とんでもない爆弾発言をした。

先日、決着がついた 2Pac ことTupac Shakur(トゥパック・シャークル)の音源の版権を巡る裁判結果を受け、Knightは自身のInstagramアカウントに2Pacのニューアルバム発売をほのめかす内容を投稿。そして、それに続く形で「2Pacは生きてマレーシアに住んでいる」と断言。その証拠を示すように2Pacの死後に世に出たBeyoncé(ビヨンセ)や50 Cent(フィフティー セント)らと一緒に映る2Pacらしき人物の写真をアップ。その後もマレーシアで撮られた最新映像と称した動画などを連投している。1996年にラスベガスで起きた銃殺事件は、未だ未解決であり、これまでにも2Pac生存説が真しやかに噂されてきた。根拠の乏しい新説の登場に怒りを露わにするファンがいる一方、歓喜のコメントを残すファンもいたりと、受け取り方は人それぞれのようだ。

 

View this post on Instagram

@50cent get the strap y’all see it

A post shared by Suge J Knight (@sugejknight) on

 

 

 

Pics via HYPEBEAST Source via HYPEBEAST
  • 10月 5, 2018

ニュースレター購読