Facebook、時価総額1230億ドルを一夜で失う|市場は四半期決算に失望

一夜での時価総額の下がりとしては史上最高だったかもしれない。今日(米国時間7/26)、Facebookの終値は174.89ドルだった。これは昨日の終値、217.50ドルから19.6%ものダウン(NASDAQ:FB)。

昨日、Facebookの株式時価総額は6296億ドル、今日は5062億ドルだ。つまりFacebookは一夜で時価総額を1234億ドルを失ったことになる。

この暴落はデータの不適正使用や大統領選疑惑などのスキャンダルから来たものではなく。 Facebookの四半期決算が不満足なものだったからだ。

今季、初めてFacebookの成長が停滞した。

 

Facebookを毎日訪問する人々の数は前四半期と比較して少ししか増えていない。さらに問題はFacebookのヨーロッパユーザーが減少したことだ。Facebookは全体として成長しているが、EUのGDPR(一般データ保護規則)の施行とマーケットの飽和は明らかに同社に対する逆風となっている。

そうした理由から、Facebookは四半期決算発表の形式を初めて変えた。同社は新しい指標として「全社的アプリユーザー数」を発表した。これはFacebook本体だけでなく、Instagram、Messenger、WhatsAppのアプリのどれかを使ったことがあるユーザー数は50億人となっている。

FacebookがInstagramやSnapchatなど短時間で消滅するストーリーに会社の未来があると考えていることは明らかだが、成否が判明するには時間がかかる。現在のところは大きな疑問符だ。InstagramなどのアプリがFacebook本体と同様の収益性を得られかどうかは今後に待つ必要がある。

Source via techcrunch Pics via techcrunch
  • 7月 27, 2018

ニュースレター購読