iPhone新秋モデル、「多彩なカラーバリエーションが採用される」と予想

Apple新製品の予想を高い制度で行うことで有名な「Ming-Chi Kuo氏」によると、「2018年にiPhone Xのスペックアップ版と、6.5インチ、6.1インチの3つのモデルが登場する」と予想しており、6.5、6.1インチモデルの2つのモデルには新色が採用されるとのことだ。

6.5インチモデルのiPhoneはiPhone Xと同様のOLEDを採用し、価格は約1000ドル(約11万円)になる考えている。

また、同モデルのカラーは「ブラック」「ホワイト」の他に「ゴールド」が追加されるらしい。

下記の画像は、アメリカ連邦通信委員会(FCC)からリークされた6.5インチモデルのiPhoneを写したとされるもので、iPhone 8に採用されている「ゴールド」が使用されていることがわかる。

 

 

また、エントリーモデルの位置付けとなる6.1インチモデルのiPhoneは、低価格の約700ドル(約7万7000円)で販売されるとKuo氏は予想しており、「カラーは「グレー」「ホワイト」「ブルー」「レッド」「オレンジ」の5色」としているがカラー展開については疑問も浮上している。

9to5Macは、「ホワイト」「グレー」は、現行のシルバーとスペースグレーと同じなのだろう。レッドというのは、(PRODUCT)RED版になるのか。Kuo氏はこれについて明らかにしていない。

また、現行のiPhone Xについては、2018年秋までに100ドル程度値下がりする見込みであるとのことだ。

 

Pics via gigazineSource gigazine

  • 7月 6, 2018

ニュースレター購読