JR 東海道新幹線の新型車両の名前が “Supreme” と発表!

2020年に控えた「東京オリンピック」に向けて、JRが東海道新幹線の新型車両を発表した。その名も、N700S。

この“S”は“最高の”という意味を持つ“Supreme”の略なのだ。

新型車両はシートの座り心地向上、全席コンセント配備、トイレの面積拡大、駅到着時の荷棚の照明点灯といった乗客目線での配慮がなされ、トンネル突入時の騒音低減、地震時のブレーキ距離を短縮する新技術の採用など、車両環境面でもアップグレードが施されている。

N700Sは東京五輪イヤーに導入予定。なお、奇数車両の両側面には“N700Supreme”のロゴが配置されるとのこと。

まだ先のことではあるが、是非一般走行が開始されたら、全身〈Supreme(シュプリーム)〉で固めて記念撮影をしてみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

Pics via railwaygazette

Source  HYPEBEAST

  • 3月 20, 2018

ニュースレター購読