Microsoftが低価格モデルの「Surface Go」を発表

日本でも登場予定の新型Surface「Surface Go」が、Microsoftから発表された。 海外での発表で、価格は399ドルからだ(約4万4000円)

今までのSurfaceライナップから、大幅に価格を下げた低価格帯になる今回のモデル、そのコンセプトは「最も小さくて手頃な価格のSurface」

キックスタンドや4,096段階の筆圧検知、キーボードカバーにも対応するといった、Surfaceの基本的なデザイン・機能はそのままに、コンパクトな10インチ版として登場。約521グラムで厚さ8.3mmと、カバンなどにも気軽に入れられる、フットワークと価格の手軽さを押し出したシリーズとなっている。

スペックとしては、CPUは第7世代のインテル Pentium Gold 4415Y(デュアルコア、1.60 GHz)なので、クリエイター向けのProラインではなくて、まさにカジュアルライン。ディスプレイは、解像度1,800×1,200px、アスペクト比3:2の10インチ。今回から充電にUSB 3.1が採用され、専用アダプタが必要ないところでも、携帯性アップに繋がっている気がする。

4GB RAM、64GB SSDのWi-Fiモデルが399ドル。8GB RAM、128GB SSDのWi-Fiモデルが549ドル。また、キーボードカバーやペンは各99ドルで別売り(The Vergeより)。

Wi-Fiモデルは7月10日から米国、カナダ、オーストラリアなどの一部の国で先行予約がスタート。8月2日から届く予定だ。

また、日本での発売日、価格などもまもなく発表される見込み海外のリリースでは、これから数週間以内に日本でも予約が始まると記載されている。

LTEモデルも今年後半に登場予定とのこと。

 

 

 

Pics via gizmodo Source via gizmodo
  • 7月 10, 2018

ニュースレター購読