MX MASTER S2 をレビュー

まずはマウスの作りから。
ホイール含め、カッチリした出来でいい感じ。
ボタンの遊びも少ないのは好きなポイント。

サイドボタンは小さいですが押し間違えることもありません、クリック音はなし。
サムホイールはラチェットがなく重めな感触。

BT接続ですが遅延も無く、普通の有線マウスと同じような感じ。
でもリニアな感じはあんまりしないかな?

裏面には電源と端末の繋げ先を変えれるボタンが付いております。
同時に三台まで接続。
電池の持ちはいい感じです、仕事で毎日8時間使ってますが、1ヶ月くらいは持つんじゃないかな?

んでこのマウスで多分主役のスクロールホイールさん。
やたら豪華なのです、チルトが無い代わりにSmartShiftという機能があります。
普通に回すとラチェットの感触がありますが、勢いをつけて回すとラチェットが外れてフリースクロールするのです!
なんとマウスが自動で判断してラチェットの管理をしてくれます。
これに惚れてこのマウスを使ってる人も多いんじゃないかな?

 

ドライバ周りの出来もいい感じです。
各ボタンの割り振りも結構自由な感じ。
サムホールの割り振りはちょっと少なめかな?

次はポイント&スクロールの項目
ポインタの速度はありますが、dpi、ポーリングレートは弄れません、マクロも無し。
位置づけ的にゲーミングマウスじゃないから此処らへんはしょうがないのかな?
あとは自動スクロールのSmartShiftの感度だったり、ボタンでの切り替えの有無を選べます

あとこのマウスにはflowって機能があります。
一つのマウスで端末を跨ぎ、マルチディスプレイみたく使える機能です。
おまけにコピー&ペーストも出来る!

仕事でSurfaceと自作機のデスクトップを使っており、この機能欲しさに買ったんですが、肝心のflowを使うと若干ラグい…。
なのでマウスを個々で用意して使っております。
中々思うようには行かないもんですね…。

 

最後にこのマウスの唯一の残念なポイント、マウスの背が高く重いのです…!
ノッポの所為で持ち方の自由さが無いのが個人的に良くない!
重い所為でリフトオフしづらいのもつらい!
この弱点の所為で自分はあんまり好きじゃないマウスになってます。

ここが気にならなければ他にはない良い相棒になるんじゃないでしょうか。
そんなこんなで今日はここまで!
ではまた!

  • 1月 15, 2019

ニュースレター購読