UFC 229 の Conor McGregor VS Khabib Nurmagomedov 戦直後に前代未聞の大乱闘が勃発!

10月6日(現地時間)に開催された総合格闘技大会“UFC 229”で、Conor McGregor(コナー・マクレガー)が2年ぶりに「UFC(Ultimate Fighting Championship)」のリングに復帰し、Khabib Nurmagomedov(ハビブ・ヌルマゴメドフ)とのUFC世界ライト級タイトルマッチに挑んだ。試合は初回から王者がMcGregorからテイクダウンを奪う展開に。そのまま終始Nurmagomedov優勢で試合が進むと、4RにリアネイキッドチョークでMcGregorを締め上げ、勝負あり。ロシア最強ファイターがプロ通算戦績を27勝0敗に、UFCでの戦績を11勝0敗に伸ばし、危なげなく無敗記録を更新した。

しかし、事件は試合直後に起きた。リングに倒れこむMcGregorにNurmagomedovが何かを吐き捨てると、その後矛先はMcGregor陣営へと向けられ、舌戦に発展。すると、いきなりNurmagomedovがオクタゴンを飛び越え、リング外にいたMcGregorチームの柔術コーチと乱闘騒ぎを起こしたのだ。これには慌てて関係者が止めに入るも、今度はオクタゴン内で場外乱闘を止めに向かったNurmagomedov陣営の人物とMcGregorの間でファイトが勃発。至るところで前代未聞の大乱闘となり、会場は騒然とした。

最終的にNurmagomedovはセキュリティーに囲まれながら会場を後にするも、Nurmagomedovには会場から危険物が投げつけられ、暴言が吐かれる後味の悪い幕引きに。しかし、これには今年4月にMcGregorがNurmagomedovのバスを突如襲撃し、車内にいたMichael Chiesa(マイケル・キエーザ)とRay Borg(レイ・ボーグ)に重傷を負わせた事件が関係していると推測されているほか、その他にもMcGregor陣営からの度重なる挑発や相当な差別的発言があったと報じられている。

この一連の騒動で、Nurmagomedov陣営は3人が逮捕された模様。Dana White(デイナ・ホワイト)もこれにはさすがにご立腹で、Nurmagomedovからはタイトルが剥奪される可能性が高くなっている。

「UFC」でも過去に類を見ない大乱闘の一部始終は、以下からご確認を。また、根源となったMcGregorのバス襲撃事件の全貌は、こちらから。

 

View this post on Instagram

That punch 👀 (via @ufc)

A post shared by COMPLEX (@complex) on

 

 

Pics via HYPEBEAST Source VIA HYPEBEAST
  • 10月 9, 2018

ニュースレター購読